読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おこメモ

おこめのポケモンメモ

墓場

 

これまで記事にしていなかった中で、楽しさと使いたさを優先して考えた構築4つを簡易紹介。もれなく弱い。

 

ボスゴチリーン

f:id:okomemousse:20160916125440p:imagef:id:okomemousse:20160916125515p:imagef:id:okomemousse:20160916125603p:imagef:id:okomemousse:20160916125737p:imagef:id:okomemousse:20160916125656p:imagef:id:okomemousse:20160916125700p:image

ボスゴドラとチリーンに愛着が湧いていた時期、お互いにシナジーを見い出せないかと思案して組んだ構築。何気にホウエン統一。フルアタボスゴドラで暴れ、疲弊したらオボンチリーンで巻き付く→欠伸→トリル→癒しの願いと展開し、回復したボスゴドラを再出動させる。健気なチリーンと勇ましいボスゴドラという相反する2体に魅せられ、本命の構築でレートを上げてボスゴチリーンで溶かすをひたすら繰り返していた。後の4体は適当に決めたが、自身が苦しめられた続けたオニゴーリについてよく知っておきたいという目的もあった。

 

受けルーラ

f:id:okomemousse:20160916130751p:imagef:id:okomemousse:20160916130818p:imagef:id:okomemousse:20160916130829p:imagef:id:okomemousse:20160916131031p:imagef:id:okomemousse:20160916130902p:imagef:id:okomemousse:20160916130912p:image

なんとなく使いたくなかったガルーラだが、流石にそんな理由で一度も使わないのは面白くないと感じたので、全てのガルーラに勝てる、つまり最強の"ねこインパクトガルーラ"を採用。相手のガルーラを処理し、HPの高めな物理受けは捨て身+ギガインパクトでぶっ潰し裏でTODを仕掛けて勝つことをコンセプトに組んだ。猫騙し/捨て身/ギガインパクト/噛み砕くというふざけた技構成でも活躍できることに驚き、今までこんなポケモンを受けて対処しようとしていた愚かさと、このポケモンが自分の肌には合わないことを知ることができた。この経験が後に結果を残すことができたスカーフバンギラス軸を組むきっかけになったと思う。

 

ヌケニンループ

f:id:okomemousse:20160916134223p:imagef:id:okomemousse:20160916134230p:imagef:id:okomemousse:20160916134737p:imagef:id:okomemousse:20160916134524p:imagef:id:okomemousse:20160916134602p:imagef:id:okomemousse:20160916134646p:image

これは真面目に考えた部類の構築。受けループをかじってある程度たった頃 、ゲンガーの対処方法に悩まされていた。というのも、気合玉ゲンガーですぐに崩れるラムバンギラスをどうにも信用できなかったからである。そこで"6体全員がゲンガーに弱くなければいい"という考えに至り、対ボルトスイクンヌケニン、対ガルガブゲンにヤミラミ、対バシャにブルンゲルと、流行していた厨パに対する基本選出から組み始め、ガルゲン軸以外への駒として残りの3体を採用した。ファイアローグライオン枠、ポリゴン2がラッキー枠になっており、一応受けループの体を成している。目標としていたレート2000には届かなかったものの、一から組み上げた構築でそこそこ勝てたという感覚がとても気持ち良かった。

 

重力トリル

f:id:okomemousse:20160916140947p:imagef:id:okomemousse:20160916140956p:imagef:id:okomemousse:20160916141133p:imagef:id:okomemousse:20160916141218p:imagef:id:okomemousse:20160916141255p:imagef:id:okomemousse:20160916134524p:image

意地っ張り珠張り切りサニーゴの諸刃の頭突きで相手は死ぬ。技範囲も岩,氷,地面となかなか良い。ただサニーゴは遅いし脆い上にメインウェポンがよく外れる。なのでタブンネで重力とトリルを同時発動し、欠伸からサニーゴに交代して存分に暴れてもらおうというロマンの塊のような構築。頑張っても1~2ターンしか重力とトリルを両方保っていられないので、トリル最終ターンには大爆発で有終の美を飾り、1ターン余る重力のターンを活かすために催眠ゲンガーを裏に添えた。これまでに載せた構築の中でもぶっちぎりで勝てなかったが、使っていて一番楽しかった。

 

 

 

 

[おわりに]

ここまで読んで頂きありがとうございました。ORASでのレーティングバトルはこれで終わりですが、あなたは満足できましたか?目標とするレートを達成できた人やそれに届かなかった人、好きなポケモンでシコシコ楽しんだ人やガチ環境に飲まれて楽しめなかった人、様々だと思います。だいたいその中間層にいる僕としては、極端にガチ思考の人やマイオナ思考の人を残念に思います。他人にとやかく言われる筋合いは無いと言われればそれまでですが、特に各々の路線で満足できなかった人は、自分が放棄しているだけで他にも取れる選択肢はたくさんあるということを考えてみてはどうでしょう。勝てないならマイオナに走れとか厨ポケに文句を言うなら使えばいいだろとかいう訳ではなく、一つの路線でしかポケモンをしてこなかった人が、文句や愚痴を言いながらその路線を貫き続けるのは間違ってるんじゃないかな?と感じましたというお話でした。