読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おこメモ

おこめのポケモンメモ

ヌケニン軸


f:id:okomemousse:20160102055013p:image

あまりにも勝てなくなったので供養



基本選出は
後は臨機応変に



f:id:okomemousse:20160102054530p:imagef:id:okomemousse:20160102054540p:image
さみしがり/ふしぎなまもり
個体値:?-31-1-×-31-31
努力値:0-252-0-×-0-252
実数値:1-156-45-×-50-92
技構成:影打ち/秘密の力/鬼火/爪研ぎ

スイクンとかオニゴーリとかその他色々ってヌケニンに有効打なくね?という思いつきから始まった。どうやら受けループを使う上で重くなるポケモンに対して強くなれるようで(ヌケニン - おこメモ)、受け出しても削れないという聞いた感じ最強の性能を持つ。最終的には受けループの要素がほぼなくなったが。

最初は影打ち/鬼火/毒々/守るの構成だったが役割対象にTODされ腹が立ったので汎用性もクソもない技構成に変更。それが活きた場面もないまま構築は解散となった。



f:id:okomemousse:20160102054648p:image
わんぱく/いたずらごころ→マジックミラー
努力値:252-0-156-×-100-0
実数値:157-95-126-×-98-70(メガ前)
実数値:157-105-181-×-148-40(メガ後)
技構成:イカサマ/不意打ち/鬼火/自己再生

特性によってヌケニンの死因である補助技を跳ね返すことができ、物理相手に広く戦えるメガ枠として採用。タイマン性能とサイクル適性とある程度の詰ませ性能を併せ持つ最強ポケモンが生まれてしまったと惚れ惚れしていたが、ずっと前に考えられていた型で既にテンプレになっていると知ったときはあっそうだったんだ・・・ってなった。

対ガルガブでのキーポケモンであり、大体アローかバシャに引いてくるのでガルガブ対面はメガせずにイカサマが安定択。肝っ玉空元気で突っ張ってくるガルーラも対処出来る。



f:id:okomemousse:20160102054706p:imagef:id:okomemousse:20160102054718p:image
ギャラドス@カゴのみ
いじっぱり/いかく
努力値:84-52-252-×-4-116
実数値:181-167-131-×-121-116
技構成:滝登り/竜舞/挑発/眠る

ヤミラミ+ヌケニンと選出したときに毒々スイクンヌケニンが突破されてしまうので、スイクンの熱湯にヌケニンを投げた次のターンの引き先として、アロー,バシャに勝てて毒々スイクンを起点にできる型で採用。ぶっちゃけスイクンを起点にできるかどうかは微妙なところだが、クレセドランや受け気味のサイクルなんかはコイツ1体で壊滅できる。図らずもヌケニンを見て出てくるカバルドンにも強かった。

裏(?)メガ枠であるライボルトとの相性補完が良く、どの選出にも組み込みやすいため選出した回数は多め。しかし1舞してもそんなに高くないSや狭い技範囲のせいでお荷物になる事も多かった。吠えるさえ考えなければもう1W入れられるが替えた時は大体吠えられた。



f:id:okomemousse:20160102054740p:image
おくびょう/ひらいしん→いかく
個体値:31-偶数-30-31-31-31
努力値:108-×-24-140-0-236
実数値:159-×-83-143-80-170(メガ前)
実数値:159-×-103-173-100-203(メガ後)
技構成:ボルチェン/火炎放射/めざ氷/毒々

ヤミラミよりも選出回数の多い裏メガ枠。下から殴ってギャラドスを無傷で交代というゲンガーの対処の流れに必要なボルチェン、クレッフィエルフーンに連打できる火炎放射、耐久振りと併せてガブリアスボーマンダへの打点になるめざ氷、重いポリゴン2やFCロトムへの抵抗として毒々のように技が決まり、なんとも中途半端な構成になってしまった。ギャラドスに同じく、出しやすいけど強くないポケモン



f:id:okomemousse:20160102054809p:imagef:id:okomemousse:20160102054824p:image
ガブリアス@たべのこし
ようき/さめはだ
努力値:204-52-0-×-0-252
実数値:209-157-115-×-105-169
技構成:地震/毒々/身代わり/威張る

レートの闇を体現した最強で最弱なポケモン。言わずもがな足の遅いサイクルに対しては最強であり、その分タイマン性能は最弱。身代わりさえ残せれば祭りが始まる。最大の短所は毒々と威張るが命中率90なせいでそこそこの頻度で外れる点にある。池沼害悪ポケモンを使うにもメンタルを鍛える必要があると感じた。



f:id:okomemousse:20160102054922p:imagef:id:okomemousse:20160102054916p:image
メタモン@こだわりスカーフ
のんき/かわりもの
努力値:252-?-?-?-?-?
実数値:155-?-?-?-?-?
技構成:変身/ー/ー/ー

このパーティの弱い所を全て押し付けられた可哀想なポケモンだが問題が多すぎて明らかに対処できていない。特に腹叩いたマリルリサザンドラなんかはコイツでしか対処できず、増えたガルクレセサザンの並びには基本選出(ヤミヌケギャラ)を狂わされる挙句厳しい戦いを強いられることになる。

ガブで威張ってコピーして勝ちという場面があったり普通にバトン展開してきたりと、あまりにもメタモンに対するマークが薄いんじゃないかなーと思った。









1900まで行けなかったので不満足だけど楽しかったから気分的にはにはそこそこ満足。ヌケニンはこういう構築よりもっとガチガチに受け回す構築に入れたほうか強そうだしいつかリベンジしたい。